ダイヤモンドインフォメーション
業務安全講習会
工法機材展
書籍コーナー
トピックス
プライバシーポリシー
サイトマップ
組合員専用ページ
組合員募集について
ダイヤモンドインフォメーションシステム

 

ダ イ ヤ モ ン ド 工 具 概 要

MENU > 概要

概要

 

道路・コンクリート構造物を改築・改修・解体する場合、ダイヤモンド工具で作業する事で振動・騒音・ 粉塵を抑えて施工できます。また高い切断・穿孔精度が得られるため、リニューアル工事に最適です。

人造ダイヤモンドの高い硬度を利用してアスファルト・コンクリート・石材等の被削材を切削します。 切り刃は、ダイヤモンドと金属(ボンド)を焼結したタイプと電着したタイプがあります。

切り刃と台金(ブレード基板・ビットシャンク等)の接合はロー付及び、レーザーで溶接します。 レーザー溶接は熱に強く、主に乾式切断・穿孔用として製品化されてます。

主流のダイヤモンド工具はダイヤモンドを冷却すること及び、切り粉の排出のために水が必要です。 ダイヤモンドに効果的な給圧を与えることでスムーズに自生し、切削力を維持します。 切削力を維持するには、適正周速度(回転速度)・給圧・切断深度等の使用条件があります。

 

ダイヤモンド工具の構成と使用時の回転方向
ダイヤモンドチップはダイヤモンド砥粒と金属で構成されます。 金属はダイヤモンドを保持します。 工具の回転方向は、あらかじめ定められています。
切削時の切り粉の排出とダイヤモンドチップの摩耗
ダイヤモンドの自生作用