株式会社クライム

出展者概要

 当社は1976年に当時では珍しい低騒音型コンクリートカッターを開発販売を開始し、現在に至るまで様々なコンクリートカッターを開発し、日本初の国土交通省指定の超低騒音カッターの認定を受け、数々の特許を取得して参りました。 1987年には国内最大切断80cm切断可能なカッターを発売、1994年には無全操縦式ワーヤーソーマシーン発売いたしました。更に1998年にはカッターの方向転換を容易に出来る可変操作パイプ装置を開発、2002年には、無騒音、無振動解体工法の板ジャッキを開発し、ネティス新技術にも登録されました。板ジャッキは従来の解体工法と比較しますと、工期が約半分で解体可能になります。 

 カッター用エンジンも、富士重工製1800ccエンジンから日産製CG-13、ダイハツ製エンジン、現在ではクボタ製ガソリンエンジンを搭載し高馬力時代にマッチしたマシンを完成させました。
 
 これからもお客様の数々のご要望を取り入れた新工法機械の開発に努める所存でございます。 又室内切断時に排ガス中毒事故が多発しておりましたので、室内用コンクリートカッター(電動カッター)もラインナップしております。

 
TEL
03-3753-2014
FAX
03-3753-2229
ホームページアドレス
メールアドレス
■ コンクリートカッター:

高馬力タイプのコンクリートカッター超低騒音マシーンKSタイプ。 
30KDS〜40KTSは可変操作パイプを標準装備し、楽々方向転換。


バキューム方式は30〜40KDSはダイレクト方式を採用しております。 

KSタイプ KSタイプ

ブレードカバーはワンタッチ2分割カバーも選択出来ます。
40KTS以上は発電機方式が有ります。LN40KTSは50cmまで
切断出来、重切断を重視してファイバー製ボディーではなく、
剛性の高い従来のボディーを採用しております、 バキューム発電機
方式はDCギヤードモーターを採用し、発電機トラブルを解消しております。
駆動ベルトテンションはボルト2本で容易に張り直しが出来ます。

ブレードカバー
■ ワイヤーソー:

ディーゼルエンジンを搭載した高出力ワイヤーソーマシーン2t車に
搭載出来、搬送が容易です。
水中切断用の低速タイプ、地上切断用の高速タイプの2機種がざいます。
又水中切断を多く施工されるユーザー様のご要望に応え、外板が
ステンレス製もオプションでございます。

ワイヤーソー ワイヤーソー
■ 板ジャッキ:

板ジャッキとは、コンクリートの無騒音、無振動解体出来ます。
カッター、ワイヤーソー、ウオルソーで全体の1/3程切断した溝に
袋状に溶接した特殊な板を挿入し、水圧でコンクリートを破壊する
施工です。
ダム、PC橋、シンダーコンクリート、コンクリートの表層剥離等の解体には強力な威力を発揮いたします。工期、施工費は大幅に低減が
可能になります。又ネティスにも登録されております。

板ジャッキ 板ジャッキ

板ジャッキ 板ジャッキの拡張する様子を動画でご覧下さい。M20ボルトを破断する程の威力
■ 電動カッター:

エンジン式コンクリートカッターで室内を切断し、排ガス中毒事故が多発しておりました。そこで室内でも容易に切断出来る電動カッターを開発いたしました。 ベルト式2段変速機を採用し伝達馬力ロスを最小限に抑えたカッターです。400Vの仕様があり、400Vタイプはキャップタイヤケーブルは8Sqを使用でき、200V仕様と比較しますと重量比で
31.5%と半分以下の重量ですので、施工が容易になります。
カッター仕様も標準仕様と室内切断に欠かせない両面カット仕様が
ございます。低速側のトルクは1000ccエンジンの1.5倍と大きく
深切り切断も容易です。

電動カッター 電動カッター

PAGE TOP